読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小江戸日記

小江戸川越の情報や話題、日々のつれづれを綴っていきます。

浴衣で百万灯まつり

長らく待たされた今年の梅雨明け。ようやく夏本番。暑さはこれからが盛りですね。

今週末(7月30日・31日)の川越は夏祭り「百万灯まつり」!小江戸の街並みに色とりどりのぼんぼりが灯される大きな夏祭りです。

http://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kanko_ta/tokimo/tokimo_dl_01-10.images/08natsumatsuri-c.png

 

この日は、老若男女がたくさん川越に集い、時代装束のパレード(31日15:30~)などを鑑賞したり、ズラリと並ぶ露店の間をぶらぶら歩いたりして楽しみます。とにかく開放感いっぱいで夏の空気を共に味わうのです。

多くのイベントがまつり期間中は開催されますが(イベント情報詳細はこちら)、ぜひ訪れて欲しい穴場が旧川越織物市場を開放して催される「夕涼み会」。平常では開放されることのほとんどない旧川越織物市場。ここは、以前は映画のロケ地(「無法松の一生」三國連太郎主演)としても使用された、とても雰囲気のある建物が並ぶ場所。蔵造りの街並みとは違った趣の、違った時代の空気を感じることのできるこの場所で7月30日(土)午後5時30から夕涼み会が開催されます。

場所は、「昭和の町」からだと本川越駅方面から来た場合、Café 1g(カフェ アンジー)を右折徒歩5分くらい。「大正浪漫夢通り」からだと大正浪漫夢通り整骨院と雑貨店の間の道を右に3分くらい。

 

夏祭りと言えば浴衣。幼い子供の浴衣姿は愛らしく、若者の元気のいい浴衣姿も、大人のこなれた浴衣姿も素敵です。男性の浴衣姿もたくさん見受けられるようになりました。

もし着付けが出来なくても、浴衣を持っていなくても、川越にはレンタル着物の店がいくつかあるので手ぶらで来て大丈夫。

蔵の町、川越氷川神社喜多院・・・。さつまいもソフトクリームを食べながら浴衣で街歩き。夏らしくていいな。

川越は「きものの似合う町」。そして、着物入門は浴衣でどうぞ。