読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小江戸日記

小江戸川越の情報や話題、日々のつれづれを綴っていきます。

小江戸チョコレートあれこれ

今週のお題「バレンタインデー」

節分も過ぎ、次なるイベントはバレンタイン。

川越市民おなじみの百貨店「まるひろ」でもバレンタインに向けて盛り上がっていました。

 

f:id:mkoedo:20160209011330j:plain

5階の催事場では、『バレンタイン チョコレート ミュージアム』が開催され、普段は購入できないような、海外の有名どころのチョコレートがずらりと並んでいました。

 

ここで私が楽しみにしてたのは、540円(税込)で3種類のチョコレートを試食できること。だって、いろんなブランドを試してみたいじゃありませんか。

 

f:id:mkoedo:20160209012155j:plain

 

10種類ほどのチョコレートから選択できるのですが、私が選んだのは上の写真の3つ。

左から、カカオサンパカ(スペイン)のエクアドル、ドゥルミアン(ベルギー)のトロピカーナ、ガレー(ベルギー)のミニバー プラリネノアールです。いずれもパッケージも含め、デザインがとてもお洒落。気分が上がります!

 

それから、まるひる限定という、川越の日本酒『鏡山』を組み合わせたチョコレートを購入したかったのですが、残念ながら品切れ!

 

f:id:mkoedo:20160209013423j:plain

 

川越氷川神社に奉納してもらえるという絵馬コーナーもあり。川越の氷川さまは恋愛成就でとても有名なのです。

 

f:id:mkoedo:20160209014018j:plain

さらに、屋上にはまるひる川越店ならではの観覧車が、バレンタイン仕様のピンクにライトアップされて登場!

f:id:mkoedo:20160209014514j:plain

 

世界に名だたる有名メゾンのチョコもいいけど、ローカルテイストも大好きな私。小江戸のチョコレートをお勧めするならここ。

老舗の東洋堂。明治35年から続く小さなお店。菓子作りにこだわりを貫くお店です。

f:id:mkoedo:20160207163728j:plain

いもせんべいが、看板商品の東洋堂。いく種類ものいもせんべいが店内に並んでいます。

こちらは、いもせんべいのチョコレート掛け。いもせんdeショコラ 5枚入りで324円。

f:id:mkoedo:20160207163709j:plain

 美味。

下の写真は、期間限定商品「芋ちょこれーと ビター(390円)」。いもせんべいではなく、しっとりとした厚みのあるさつまいもを苦みのあるチョコレートでコーティングしたもの。

私は、ヘルシーなおやつとして食べてます。誰かにあげるなら、気心の知れた女友達へ感謝をこめて差し入れしたいかな。

チョコレートのみよりも、こういうなにかと組み合わされたチョコ菓子が好きかな。サツマイモとチョコレートという組み合わせもありそうでいてなかなか見かけない、小江戸っぽい一品です。

 

f:id:mkoedo:20160207163732j:plain

オンラインでも購入できるようです。

 

バレンタインは、準備期間の今頃が一番ウキウキ気分なのかもしれません。