読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小江戸日記

小江戸川越の情報や話題、日々のつれづれを綴っていきます。

「写真家が捉えた昭和の子供」展

川越市立美術館では4月25日から6月14日まで特別展「写真家が捉えた昭和の子供」が開催されています。

 

f:id:mkoedo:20150429153811j:plain

昭和って「激動」という言葉がぴったりな時代でした。戦時中は誰もが必死だったでしょう。高度成長期は「中流意識」とベビーブームで大競争時代。戦前から戦後、高度成長期と、時代の変遷と共に子供達の生活スタイルも変化してきました。子供もお稽古事で忙しくなりました。そんな子供達の姿をモノクロの写真が捉えています。戦前の村の風習に従う子供、団地の子供、パンをほおばる子供、様々ですがどの子も屈託がない顔をしています。どんな時代でも子供は未来を感じさせる希望なんだなって思います。

今日、4月29日は「昭和の日」。

昭和という時代はどんな時代だったのか、振り返るのにいい日です。

allabout.co.jp