読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小江戸日記

小江戸川越の情報や話題、日々のつれづれを綴っていきます。

『百円の恋』を川越スカラ座で!

『百円の恋』、22日から川越スカラ座で上映するとのこと。面白くて、力が湧いてくる映画なのでご紹介したいと思います。

 

この映画は『松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に新設された脚本賞松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化』したものだそう。

32歳、一人暮らしをはじめたやさぐれ女・一子は100円ショップで深夜勤務の職につくが、そのバイトの帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。幸せは長くは続かないが、一子は自らもボクシングを始め、徐々に変化し始める、といった内容の話。


映画「百円の恋」公式サイト

主演の安藤サクラという女優、この映画で初めて知ったのですが、映画界で注目の人のようです。なるほど、あまりいないタイプの女優ですね。そしてガッツを感じさせる。

当初の自堕落な生活を送ってるそのやさぐれっぷりがすごい。コンビニで炭酸飲料やスナックを買い込み、1日中テレビゲームに興じている一子(いちこ)。周囲もダメ人間ばかり。けれど、ボクシングに出合い、やがて大きく変貌します。一子がトレーニングを積み上げていくことで、キレッキレの身体に変化していくさまには目をみはりました。

ラスト、ボクシングの試合に出場して殴られまくる一子を見ていると、この展開はなんとなく読めてはいたけれど、それでもやはり心が動きますね。

春だし、これからやるぞ!と意気込んでいる若者にも、まだまだ頑張らねばならない色々なものを背負っている中高年の皆様にもおすすめしたい映画です。単純にファイトが沸いてくるので。

川越スカラ座では3月6日金曜日まで上映。ちなみに月曜日はサービスデー、1000円で観ることができます。


映画と川越 [川越の観光・旅行] All About